新社会人の為のビジネスマナー通信のご利用方法

「お客様を訪問するのだけれど・・・」「書類の作成を任されたのだけど・・・」など、ビジネスでは様々なシーンに出会います。ビジネスにおいては、まずビジネスマナーの基本を身につけることによって、そのような場面を無事クリアしていく事ができるのです。「新社会人の為のビジネスマナー通信」で、基礎を学んで社会人としての準備をしては如何でしょう?

商売の原点

商売の原点
鈴木 敏文
商売の原点
定価: ¥ 1,470
販売価格: ¥ 1,470
人気ランキング: 47,782位
おすすめ度:
発売日: 2003-11-22
発売元: 講談社
発送可能時期: 通常24時間以内に発送

   日本に初めてコンビニエンスストア・チェーンを導入し、その後セブン‐イレブンを名実ともに日本一の小売業に育て上げた名経営者、鈴木敏文。セブン‐イレブンやイトーヨーカ堂の成功、そしてこの人物を題材にした著作は数多い。しかし本書は、セブン‐イレブンで創業以来、毎週行われている社内の全体会議での、彼の発言をまとめたもので、生のメッセージを伝えているのが特徴である。かつて、「変化への対応と基本の徹底」をスローガンに、グループの業務改革を進めたということだが、本書はそのうちの「基本の徹底」をテーマにしたものといえる。それに対し、姉妹書の『商売の創造』は「変化への対応」が主題となっている。   鈴木敏文によれば商売の基本原則は、「クリンリネス(清潔)」「フレンドリーサービス」「鮮度管理」「品揃え」の4つだという。きわめてシンプルな原則であるが、各店舗や本部がこれを徹底し、継続していくことの大切さを、繰り返し述べている。そして、常にお客様第一の視点で考えるべきであると強調する。    本書に出てくる話題は、セブン-イレブンとイトーヨーカ堂内部の極めて実務的な話が殆どである。しかしそれだけに説得力があり、またコンビニエンスストアのビジネスの内幕をかいま見ることができて大変おもしろい。この名経営者の訴える、基本重視の考え(そして、それを実行することの難しさ)はどのビジネスにも共通することである。業種を問わず、企業経営に携わる人におすすめしたい1冊である。(戸田圭司)

良書
この本はお勧めです。
小売業界について書かれた本の部類では、
分かりやすい文章で書かれた部類に入ります。
私自身、
今、小売業に従事していますが、
実際に働いてから、
このような事が言いたかったんだなって
思う点もありますし、
まだまだ、
私には出来ていないなって反省する点もあります。
この本は、
小売業以外に従事している
人以外も、
読んでみて決して損をしない本だと思うので、
ぜひ一度読んでみてください。

感心してゾッとして、なら自分はどう仕事をするのか
流通トップは、ここまで丁寧に自己(企業)分析を行っているのかと
感心してゾッとして、なら自分はどう仕事をするのかを考えさせられます。
常に、お客様の方向を向いて出された発想と情熱を持ち、
緻密なものの捉え方から組み立てられた小売業が見えてきます。
「ものごとの本質を理解し認め、正しく判断することが第一歩(原点)である。」
現在の世の中の消費の流れを知るのに最適な本です。
(2003年以前の時点で、ここまでやっていたのかと驚いてしまいました。)

消費は、「経済学」から「心理学の分野」へ
セブンイレブンを大躍進させた秘密がこの本にはあります。
消費は、「経済学」から「心理学の分野」へ移ってきたとの指摘には、おもわずうなずいてしまいました。
この本は、下記4つのことを中心に書いています。
「品ぞろえ」「鮮度管理」「クリンリネス(清潔)」「フレンドリーサービス」
 
言葉だけ見ると、どれも当たり前のように見えます。
でも、これらの4原則を守らせるために、どういった社内のルールを構築したのか、何をしたのか、が面白いんです。
これらの4つは、当たり前だけれど、次第にずさんになっていく。
それをどうやって防ぐのか。
そして、お客様へ常に納得できるサービスを提供するためにはどうすればいいのか。
とても、面白かったです。
小売業に携わる人にぜひ、読んで頂きたい本です。