新社会人の為のビジネスマナー通信のご利用方法

「お客様を訪問するのだけれど・・・」「書類の作成を任されたのだけど・・・」など、ビジネスでは様々なシーンに出会います。ビジネスにおいては、まずビジネスマナーの基本を身につけることによって、そのような場面を無事クリアしていく事ができるのです。「新社会人の為のビジネスマナー通信」で、基礎を学んで社会人としての準備をしては如何でしょう?

営業は「つかみ1秒、あと楽勝!」

営業は「つかみ1秒、あと楽勝!」
いとう 伸
営業は「つかみ1秒、あと楽勝!」
定価: ¥ 1,470
販売価格: ¥ 1,470
人気ランキング: 9,445位
おすすめ度:
発売日: 2005-07-22
発売元: あさ出版
発送可能時期: 通常24時間以内に発送


「欲求の追求」そこに笑顔がある
この本を読む前と、読んだ後では「営業」に対する概念が180度変りました。
今まで面倒なお客を思い通りに操ることで営業成績がどんどん上がっていったので、この書籍からもテクニックや手法を盗もうと思っていました。
もちろんトークマニュアルやテクニックも沢山書かれていたのですが、それら全てが「お客さん自身にも気づいて無いほどの、根底の欲求」を元に生み出されている事に気が付きました。
帯に書かれている「秘訣は究極の"シナリオ"にあった」とはその商品を売るトークシナリオではなく、自分の営業職という根本からの人生シナリオを指してるのではと思うほどでした。
お客さんと会ってから口八丁手八丁ではなく、会う前にどこまで調べ上げて追求するか!そこまでやった時、初めて「押し売り」ではなくお客さんが心をから欲した物を売る事が出来るんだなと感動しました。
久しぶりに価格の百倍程の価値がある本と出会えた。それほど大事なモノが凝縮された1冊です。

努力は認めるが・・・
 いとう氏の努力は認めるが、本書は勢いだけで突っ走っている状況は否定できないのではないだろうか?
 もう少し丁寧に作っていただけるともっと伝わる部分があったのではなかろうか?
 少しもったいなく、また残念に思う。

営業はコンサル
派手な表紙とタイトル、実演販売ということで読んでみました(笑)なかなか面白かったですね。何よりも営業というものはコンサルであるということ。ここに共感しました。
私も商品ではないですが広告関係の営業をやっています。最近自分の営業方法を見直していることもあって、TV通販とか普段の買い物での接客などもよく見ていますが、この本を読んで「そういうことだったのか」と理解できました。自分の営業にも新しいエッセンスが加えられそうです。実践します。