新社会人の為のビジネスマナー通信のご利用方法

「お客様を訪問するのだけれど・・・」「書類の作成を任されたのだけど・・・」など、ビジネスでは様々なシーンに出会います。ビジネスにおいては、まずビジネスマナーの基本を身につけることによって、そのような場面を無事クリアしていく事ができるのです。「新社会人の為のビジネスマナー通信」で、基礎を学んで社会人としての準備をしては如何でしょう?

いかに「サービス」を収益化するか

いかに「サービス」を収益化するか

いかに「サービス」を収益化するか
定価: ¥ 1,890
販売価格: ¥ 1,890
人気ランキング: 3,450位
おすすめ度:
発売日: 2005-08-05
発売元: ダイヤモンド社
発送可能時期: 通常24時間以内に発送


サービスを提供するのは人ですので、が多いです
8つの論文からなります。サービスを収益化するための手段やチェックポイントを示したもの、サービスを提供する「人」への理念浸透、評価や報酬、教育の問題を扱ったもの、サービスのイノベーションを説いたもの、データからサービスを検証しなおすもの、サービスの品質保証を扱ったもの、などです。各論文に、有名企業の事例が紹介されています。
どのようなサービスを、どのような手段で提供するえば、儲かるか?そのために行うことは?という話ですが、全体的には「人」の問題を扱った部分が多いです。
内容とは別に、(サービス業なので)おもわず、「なんで、働いているだろー!」と考えちゃうことが多かったです。サービス業に従事する人には、いろいろ思うところが出てくる本ではないか、と思います。

サービス改善、収益化に悩む人の必読書
顧客との接点である「現場」において、サービスの改善を進めることは非常に難しい課題であり、サービス産業にたずさわる人たちの共通の悩みだと思う。
この本は、非常にシンプルでわかりやすい原則と実例を組み合わせながら、サービス・プロフィット・チェーンの構築のためのポイントを示している。
後半部分のベストプラクティス集の中には、やや内容について不満の残る部分もあるが、リッツ・カールトンや害虫獣駆除会社のBBBK社の例などはわかりやすく、説得力があると感じる。