新社会人の為のビジネスマナー通信のご利用方法

「お客様を訪問するのだけれど・・・」「書類の作成を任されたのだけど・・・」など、ビジネスでは様々なシーンに出会います。ビジネスにおいては、まずビジネスマナーの基本を身につけることによって、そのような場面を無事クリアしていく事ができるのです。「新社会人の為のビジネスマナー通信」で、基礎を学んで社会人としての準備をしては如何でしょう?

組織営業力

組織営業力
松丘 啓司
組織営業力
定価: ¥ 2,310
販売価格: ¥ 2,310
人気ランキング: 1,902位
おすすめ度:
発売日: 2005-09-08
発売元: ファーストプレス
発送可能時期: 通常24時間以内に発送


これって営業だけの話じゃないですよね
著者は、営業という観点から記述しているが、
必ずしも営業に限らず、「プロジェクト的」
(著書内の言葉を使えばベンチャー企業的)
に物事を進める際に役に立つ様々な考え方や視点が
とてもよくまとまっていると思う。
一つ一つのテーマは、必ずしも目新しいものではないが、
それらがなぜ組織にとって重要なものなのか、
テーマ間相互の関係性を合わせて、分かり易く説明してあり、
全体を通してみた時に、大きな納得感を得られた。
ただ、日々の営業に追われる現場の人とっては、
少し高尚過ぎ/抽象的過ぎるかもしれない。
営業組織の役員・管理職に是非とも読んでもらいたい一冊。

あなたがマネージャーでなくても呼んで欲しい!
もしあなたが営業に関わる方であれば、是非読んで欲しい1冊です。
タイトルこそ、「組織営業力」となっていますが、組織を動かす立場にない方々にも、
是非ご一読することをお奨めします。
かくいう自分も営業マネージャーではなく、一営業社員として従事していますが、
なんだかんだいっても毎月の営業ノルマに追われる日々を過ごしてしまい
短期的な収益にしか目が向いていません。
しかしながら、顧客の意思決定の上流から入り込み、ビジョンを提示し、
自らが新しい価値を創造する「ビジネスパートナー」となることで、
営業する側がイニシアティブを持つことが可能となり、
そしてそれこそが継続的に顧客との良好な関係を構築するカギとなることに、
改めて気づかされました。
この本は、単なる゛あるべき論"を語ることに留まらず、そのために゛何をすべきか?"まで触れているため、
自身の営業を変えるヒントが数多くちりばめられています。
これを機に、自身の営業方法を変えていきたいと思う一方で、やはり組織そのものの変革も不可欠なので、
会社に対しても新たな営業手法を提案していきたいと思います。

お奨め
メーカの営業をしていますがこの本は営業マン必須ですね。。営業は一人の力では天井が見えていると常日頃から感じてはいましたがこの本を読んで社員教育に使えると思いました。実際のケースがとても参考になりました。