新社会人の為のビジネスマナー通信のご利用方法

「お客様を訪問するのだけれど・・・」「書類の作成を任されたのだけど・・・」など、ビジネスでは様々なシーンに出会います。ビジネスにおいては、まずビジネスマナーの基本を身につけることによって、そのような場面を無事クリアしていく事ができるのです。「新社会人の為のビジネスマナー通信」で、基礎を学んで社会人としての準備をしては如何でしょう?

凡人が最強営業マンに変わる 魔法のセールスノート

凡人が最強営業マンに変わる 魔法のセールスノート
佐藤 昌弘
凡人が最強営業マンに変わる 魔法のセールスノート
定価: ¥ 1,050
販売価格: ¥ 1,050
人気ランキング: 3,814位
おすすめ度:
発売日: 2005-06-23
発売元: 日本実業出版社
発送可能時期: 通常24時間以内に発送


具体的に言うと、できる上司から教えてもらうことと同じ。
うえのタイトルの通りですが、できる上司ってそんなにいないですもんね。自分と合うかもわからないし。
ここに書いてあるのは言われて「あ、そうだそうだ。どうして気づかないんだろう」てな感じの文章ばかりです。魔法みたいですね。
問題としては、やはりひとつひとつ実践していくのはなかなか骨が折れることですね。結構辛いと思います。でもやる価値はありますよ!

また、ひっかかったムック判…でもこの本は役に立った
最近多いですよね。売れたビジネス書を図解版と称して2次使用みたいにして、もう一稼ぎ…なんていうの。この本の前作も以前買ったので、「同じだろ」と思いつつもついついレジに。ところが、どっこいこいつは違った。明らかに進化している。そして忘れていたことをもう一度思い出せたことも収穫。でも肝心の見込み客はどこ?結局、これが最大の問題なんだよね。

心理学だけが浮いている
「魔法のセールストーク」は、日本でも1950年に存在したコンサルティング技術とほぼ同じ。経験的に有効性が確かめられた方法だと言える。それが、クロージング技術と連動する形で、実践的にとてもよくまとまっていて、実に嬉しい。ところが、援用された交流分析は明らかに浮いている。むしろ「(交流分析を)使わなくても大丈夫」という箇所の方が、強い説得力と実際性を持っている。心理学、催眠術系は効果が曖昧委である上に、人間を実験用マウスみたいに考えるから「騙し」っぽい。やはり、実践的で真面目なコンサルティング型営業とは合わないか?心理学的解説さえ無視すれば十分使える。値段も手頃。心理学の援用だけが、騙し系の胡散臭さを感じさせるので、総合評価は星3つ