新社会人の為のビジネスマナー通信のご利用方法

「お客様を訪問するのだけれど・・・」「書類の作成を任されたのだけど・・・」など、ビジネスでは様々なシーンに出会います。ビジネスにおいては、まずビジネスマナーの基本を身につけることによって、そのような場面を無事クリアしていく事ができるのです。「新社会人の為のビジネスマナー通信」で、基礎を学んで社会人としての準備をしては如何でしょう?

人間集団における人望の研究―二人以上の部下を持つ人のために

人間集団における人望の研究―二人以上の部下を持つ人のために
山本 七平

定価: ¥ 540
販売価格: ¥ 540
人気ランキング: 24,816位
おすすめ度:
発売日: 1991-02
発売元: 祥伝社
発送可能時期: 通常24時間以内に発送


違和感のない論旨、やはり我々の文化
日本では平等主義的な発想は常識的な日常生活の中にも現れます。そこで為政者を選ぶのは人民の意思であり、これが天の意思であるという考え方があり、為政者は本来、自然発生的に「だされる」人と説かれます。こうした元の考え方を知ると、社会に親和性の高い生活態度が得られるような気がします。
「だされる」人はどうやって選ばれるか、それが「人望」であり、「人望」というものは、日本社会においては伝統的に不可欠の資質であり、西欧社会でも同様の価値観が見られます。この人望=「常識」を高めることであり、「常識」は社会の相互評価の基準であり、生活を営む基礎。従って、社会文化を向上させようとするときに、人望を得ることは当然の前提となる、ということです。
では、どうすればこの「人望」を高めることができるか。「「克伐怨欲」を脱し、率直に自分を表現し、七情を抑制し、「中か己を恕す」という形で自分に甘えることなく、それによって支えられる、つまらぬプライドを除く。九徳を目標とし、最終的には「緊矩の道=徳」を目指す。同時に現実の生活における何らかの高い技能を身につける。現代社会は機能集団によって支えられる社会だからである。」
こう書くと、何が何だかわからないと思われますが、要は日本人の伝統的な人格者の価値観に沿った自己の資質を高める努力そのものが、「常識」の質を上げていく、ということです。そして、自分の「働くところ」を知り、常に一定して変わらぬ法則に照らして行うという方法、生き方の基本を中心に据え、そこでの能力を高めていく、こうすれば「人望」が高められていく、と山本氏は説いています。全体として違和感のない論旨、無意識的に感じてきた社会の「人望」というものが割りに明確になったような気がします。  

今と昔をつなぐ書籍
 近思録や論語など私にとっては縁遠い書籍を、身近に感じさせてくれた一冊。
 2000年以上も前の人間も今の人間も、人間の価値に対する感覚は同じであり、混迷する日本にあって、とかく方向を見失いがちな中、人としての生き方を示唆してくれる書籍。

学歴や能力を超える絶対的な評価基準「人望」とは何か,を解明する良書
 日本では「人望がない」ために,いかに有能でも前途が絶たれます。「人望」が絶対的な評価基準なのです。では,「人望」とはどういった定義で,涵養することが可能なのか。大半の人は明確な考えを持ち合わせておらず,それでいて相手の「人望」の有無は肌で理解でき,その結果,当人は訳がわからないうちに「人望」をなくして社会から確実に葬り去られてしまう,という状況です。本書は「人望」の定義,具体的な項目,その涵養方法について記述しています。
 平等社会でもリーダーは必要ですが。血縁や血統,階級,身分,出自は問題とされず,その選出基準は基本的に「人望」以外ありえないと山本氏は指摘します。その「人望」とは「高次の常識を実践している」ことです。教育の3原則は知育・体育,徳育だそうですが,知と体の大学はあっても,徳には授業すらありません。しかし,かつては『近思録』の九徳や『大学』の絜矩(けっく)の道が常識として厳然と存在し,特に江戸時代は西洋の学問(知)が一般的には禁じられていたため徳育のみでした。「人望」をリーダーの選出基準とするという伝統は無意識に受け継がれているのに「人望」の定義や育成法が欠けてしまったことが現在の状況を生んでいます。
 「人望」を育てる九徳とは,(1)寛大だがしまりがある,(2)柔和だがことが処理できる,(3)まじめだが丁寧でつっけんどんでない,(4)事を治める能力があるが慎み深い,(5)おとなしいが内が強い,(6)正直・率直だが,温和,(7)大まかだが,しっかりしている,(8)剛健だが内も充実,(9)剛勇だが義(ただ)しい,です。これらは相反する概念なので,自己抑制によって中庸に留めることが高次の常識であり,それを実践できている人がリーダーとして相応しいということになります。
 全体として,おおまかだが,筋道がしっかりしている,という印象を持った良書です。