新社会人の為のビジネスマナー通信のご利用方法

「お客様を訪問するのだけれど・・・」「書類の作成を任されたのだけど・・・」など、ビジネスでは様々なシーンに出会います。ビジネスにおいては、まずビジネスマナーの基本を身につけることによって、そのような場面を無事クリアしていく事ができるのです。「新社会人の為のビジネスマナー通信」で、基礎を学んで社会人としての準備をしては如何でしょう?

コーチング・マネジメント―人と組織のハイパフォーマンスをつくる

コーチング・マネジメント―人と組織のハイパフォーマンスをつくる
伊藤 守
コーチング・マネジメント―人と組織のハイパフォーマンスをつくる
定価: ¥ 2,100
販売価格: ¥ 2,100
人気ランキング: 5,170位
おすすめ度:
発売日: 2002-07-25
発売元: ディスカヴァー・トゥエンティワン
発送可能時期: 通常24時間以内に発送

   日本における唯一の「国際コーチ連盟マスター認定コーチ」が、理論から実践までを体系的に著したコーチングの「基本書」である。理論については、たとえば、コーチングの基礎である「人の話を聞く」という行為を、生物細胞のオートクラインという働きによって説明することにより、他人の話を聞く能力を向上させる方法が詳述。また、人間の性格や価値観をコンピュータのOSにたとえ、コーチとしての能力を維持向上するためには、常に自分のパーソナルOSをバージョンアップしていく必要がある、と指摘しているところが興味深い。    もちろん、コーチングスキルの方法についても十分ページが割かれており、特に相手への要求(リクエスト)の方法、話の聞き方(リスニング)、質問の仕方(クリエイティブクエスチョン)など、要点は具体例を交えながら詳しく書かれている。また、一般の読者だけでなく、プロのコーチあるいはコーチをめざす人も対象にしているため、「現役コーチのためのチェックリスト」「コーチのコア・コンピタンシー」といった項目も設けられている。    文章は簡潔で読みやすく、予備知識がなくても十分に理解できる。また、チェックリストや各章のまとめなど、実用に役立つ工夫も凝らされている。コーチングを小手先のテクニックではなく、理論からしっかり学びたい人におすすめの1冊。(戸田啓介)

コーチングはもともとできることを実感
この本を読んで何を最初に感じたかといえば、コーチングは誰もがすでに持っているスキルだということ。特に新しい技術を学ぶ必要はなく、もともと、指導に秀でた人たちが持っている能力や技術を体系化したものがコーチングである、といった視点は勇気付けになった。考えてみれば自分でも、無意識やっているものもあり、それが役にうまくいってるのであれば、もっとうまく使えると感じた。すぐに使える人指導の本といえる。内容が濃いわりには、とても読みやすく、特に管理職に就く人にすすめたい本だ。コーチングというより組織マネジメント教本というべきか。

ビジネス以外にも使える一冊!
 「コーチング・マネジメント」を本屋で見かけたとき、目の前に浮かんだのはビジネスシーンでした。でも、読み終えたときに浮かんでいたのはビジネスシーンだけでなく、生活の全てのシーンでした。
 読み進めるにつれて、コーチングがその人全体を扱うものであることが実感できました。
 ビジネスだけでなく、人生のクオリティーを高めたいと思っている人にも、ぜひ手に取って欲しい一冊です。

マネージメントに則実践できる
コーチングを単なるスキルやテクニックとして、紹介するのではなく、私たちが日頃交わしているコミュニケーションを紐解くことにより、コーチングを身近なものとして意識することができた。改めて自分自身のコミュニケーションを振り返ることができたとともに、マネージメントにも則実践していける内容になっている。もちろん実際に使える話法例も豊富なので、たくさんの引出しを与えられたように感じた。