新社会人の為のビジネスマナー通信のご利用方法

「お客様を訪問するのだけれど・・・」「書類の作成を任されたのだけど・・・」など、ビジネスでは様々なシーンに出会います。ビジネスにおいては、まずビジネスマナーの基本を身につけることによって、そのような場面を無事クリアしていく事ができるのです。「新社会人の為のビジネスマナー通信」で、基礎を学んで社会人としての準備をしては如何でしょう?

仕事に活かす「雑談」の技術―日常の、何気ない雑談の中に、仕事上手になるためのテクニックが眠っている!

仕事に活かす「雑談」の技術―日常の、何気ない雑談の中に、仕事上手になるためのテクニックが眠っている!
生井 利幸
仕事に活かす「雑談」の技術―日常の、何気ない雑談の中に、仕事上手になるためのテクニックが眠っている!
定価: ¥ 1,365
販売価格: ¥ 1,365
人気ランキング: 43,571位
おすすめ度:
発売日: 2002-11
発売元: 同文舘出版
発送可能時期: 通常24時間以内に発送


この本で営業で大成功しました!
雑談は、あらゆる仕事において役に立つ武器だと思う。私は、毎日営業でたくさんの会社を訪問しているが、商品を売るためには、やはりコミュニケーション・スキルが重要な武器となる。雑談は、自然なコミュニケーションを図るためには必須。この本は、雑談を通していかに営業を成功させるかについてたくさんの事例が載っている。実に役に立つビジネス書であった。

人間関係を円滑にするのに雑談が効果あり。
相手の話に対して、どのように反応をしてスムーズな会話をつなげていくと
良いかという例がでていて、なるほどー、とうなづいた。
ただ、この本の中に「生涯勉強」というか、
「勉強にすすめ」のような部分があり、
タイトルとは微妙にずれるので、その部分は必要ない気がした。
「雑談の技術のみ」に絞ったほうがいいように思った。
その点を辛めに差し引けば★3という感じかもしれません。

会社で即、実行できるアイディアが満載されていて面白い!
雑談が仕事を成功される上で最高の武器になるという考え方はいかにも面白い。私も会社で働く人間であるが、今までは、雑談の価値など考えたこともなかった。しかし、この本には、「なぜ会社で働く人々は雑談をするのか」ということが明確に述べられている。この本によると、雑談は、単なる無駄話ではない。雑談には、職場の同僚とだけでなく、あらゆるビジネスシーンにおいて、相手とスムーズにコミュニケーションを図るための秘策が隠されているという。その秘策とは何かということを知るには、読んでも決して損はない一冊であると思う。私は、雑談を扱ったビジネス書は読んだことがなかったので、十分に楽しめた。明日から会社でこの本に書いてあるアイディアを使おうと思っている。