新社会人の為のビジネスマナー通信のご利用方法

「お客様を訪問するのだけれど・・・」「書類の作成を任されたのだけど・・・」など、ビジネスでは様々なシーンに出会います。ビジネスにおいては、まずビジネスマナーの基本を身につけることによって、そのような場面を無事クリアしていく事ができるのです。「新社会人の為のビジネスマナー通信」で、基礎を学んで社会人としての準備をしては如何でしょう?

プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか

プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか
P・F. ドラッカー
プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか
定価: ¥ 1,890
販売価格: ¥ 1,890
人気ランキング: 3,823位
おすすめ度:
発売日: 2000-07
発売元: ダイヤモンド社
発送可能時期: 通常24時間以内に発送

原書名は『THE ESSENTIAL DRUCKER ON INDIVIDUALS: TO PERFORM, TO CONTRIBUTE AND TO ACHIEVE』。現代マネジメント思想の巨人、ドラッカーを初めて読む人のために、これまでの著作10点、論文1点からエッセンスを抜き出し、ドラッカー自身が加筆・削除・修正した必携本である。3部作『THE ESSENTIAL DRUCKER』のうちの第1部で、個人の生き方と働き方が主題となっている。本書の第1章は個人がおかれた状況を確認する「いま世界に何が起こっているか」。第3章「自らをマネジメントする」から、個人のあり方が本格的に論じられていく。社会において業績をあげ、何かに貢献し、成長するにはどう考え、行動すべきか。単なる業績アップやキャリアアップを目指すものではなく、これからの時代を生きる知識労働者が理解すべき本質的な問題を取り上げている。随所に具体的で明快なアドバイスを盛り込みながら、個人が「何をもって記憶されたいか」という究極の問いかけへと向かっていく。編者によれば、本書はドラッカーが初めてという人だけでなく、ドラッカーの世界が「大き過ぎて全体が見えない」という人、次にどの著作を読めばいいのか悩んでいる人たちのためのガイドブックとして作られたという。とはいえ、やはりドラッカーの思想の原野は広大だ。本書も1度通読して済むような軽い本ではない。座右に置いて何度も読み返せば、そのたびに新たな発見があり、勇気がわいてくるはずだ。(秋月美南)

窮地に陥った時、さっと確認可能な座右の書
多種多様な経済環境と社会環境の中で、個人として組織の中でどのように成果を直接的に自分自身の成果へとつなげていけるかということが、端的・直接的に要点を確認できる。そして、組織の役割と個人の役割とが明確に理解でき、個が全を全が個をどう位置付けているのかということがよくわかる。いつも自分の行動に責任を持って行動し、成果につなげていきたい方にお勧め。ドラッカーは日本では軽視されがちであった、個の成果というものを組織を通していかに発揮し、そして個の重要性というものを、新しき価値観の到来という感覚で教え導いてくれる。

理工系の人にも感銘深い本
 著者は「経営学の師の師」と呼ばれているようであるが、もっと広汎な人にも感銘深い、洞察と人間愛の人のように思う。
 本書は、膨大な著作群のガイドブックを意図して編纂されたようだが、抜粋された思索はどれも珠玉のように輝いている。
 たとえば、著者の父と、名声の絶頂期で最後の年のシュンペーターを訪ねたときの会話が印象的である。父は「ジョセフ、自分が何によって知られたいか、今でも考えることはあるかね」と聞いた。シュンペーターは答えた「その質問は今でも、私には大切だ。でも、むかしとは考えが変わった。今は一人でも多くの優秀な学生を一流の経済学者に育てた教師として知られたいと思っている」と。著者は「この会話を忘れることができない。本当に知られるに値することは?人を素晴らしい人に変えることである」と結んでいる。
 理工系の人にも読まれるべき人間学の書であると思う。
 

組織人としてのプロフェッショナル
現代の社会において、単一の個人が大きな仕事を成し遂げる可能性はきわめて低い。たとえば、野球の満塁ホームランは走者が3人いて成り立つ。走者が一人もいないソロアーチは、状況によっては大きな仕事だろうが、走者がいた方がいいのは明白だ。
現代の社会において、それがひとつの法人というリアルの組織であり、契約や共同作業といったバーチャルな関係であり、仕事は組織の中でなされる。そして当書は、そのような組織人としての仕事のなし方を、我々に教えてくれる。
たとえば「勇気」。勇気とはいかにもわれわれの日常になじみの薄い言葉ではあるが、ビジネスの現場では、決断は勇気を必要とする。そしてドラッカーの慧眼は、「決断しないのも決断である」と説く。ここまで書かれると、「勇気」の必要性について納得してしますのは私だけではあるまい。
ドラッカーの本には明快さが満ちている。読後、明るい地平が見えるのは、私だけではないだろう。