新社会人の為のビジネスマナー通信のご利用方法

「お客様を訪問するのだけれど・・・」「書類の作成を任されたのだけど・・・」など、ビジネスでは様々なシーンに出会います。ビジネスにおいては、まずビジネスマナーの基本を身につけることによって、そのような場面を無事クリアしていく事ができるのです。「新社会人の為のビジネスマナー通信」で、基礎を学んで社会人としての準備をしては如何でしょう?

間違い電話

自分が間違い電話を掛けた場合、間違い電話を受けた場合の両側面の対応

A:「はい、山田工業でございます」

B:「カミテックさんではありませんか?」

A:「いいえ、こちらは山田工業ですが」
(間違い電話を受けた方は、ムッとしないように注意)

B:「申し訳ありません、そちら○○○(電話番号)ではありませんか?」
(再度間違い電話を掛けないように、番号を確認する)

A:「いいえ、こちらは○○○(電話番号)です」

B:「間違えました、大変失礼致しました。」(相手が電話を切ってから電話を切るのがベター)