新社会人の為のビジネスマナー通信のご利用方法

「お客様を訪問するのだけれど・・・」「書類の作成を任されたのだけど・・・」など、ビジネスでは様々なシーンに出会います。ビジネスにおいては、まずビジネスマナーの基本を身につけることによって、そのような場面を無事クリアしていく事ができるのです。「新社会人の為のビジネスマナー通信」で、基礎を学んで社会人としての準備をしては如何でしょう?

中華料理のマナー

大皿料理を取り分けるときは取り分け用の箸をつかいますが、ないときは自分の箸をつかいます。和食のように返し箸(箸を逆さに持つこと)はしません。一緒に食事をする人どうしの間に親しみがわくように、という意味合いがあるようです。取り皿は違う料理の味が混ざったり、汚れていると見栄えがよくないので、こまめに新しい皿にかえましょう。
また、中華料理を食べるときは皿は手に持ちません。スープを飲むときも同様で、深皿は持たずにちりれんげをつかって飲みます。


ちりれんげの持ち方… 人差し指を溝に入れ、親指と中指で挟んで持つ
お茶の飲み方… ふた付きの茶碗は、右手でふたを少しずらし、お茶の葉が口に入らないように飲む


<回転台付き円卓のマナー>
・料理は上座(出入口から最も遠い奥の席)の人から取る
・二周り目は順番を気にせず、食べたい人が取る
・皿に取った分は残さず食べる
・回転台を回すときは、台から大皿がはみ出していないか、近くにビール瓶などがないか注意
・料理をこぼさないように、ゆっくり回す
・回転台に、使った皿やグラスを置かない
・人数と料理の量を考慮し、控え目に取る
・回転台は一定方向に回す