新社会人の為のビジネスマナー通信のご利用方法

「お客様を訪問するのだけれど・・・」「書類の作成を任されたのだけど・・・」など、ビジネスでは様々なシーンに出会います。ビジネスにおいては、まずビジネスマナーの基本を身につけることによって、そのような場面を無事クリアしていく事ができるのです。「新社会人の為のビジネスマナー通信」で、基礎を学んで社会人としての準備をしては如何でしょう?

お見舞いのマナー

同僚や上司、先輩など同じ職場で働いている人が入院したり、自宅で療養したときにはお見舞いに行きますが、まずはご家族に容態の確認をしてから、お見舞いしたいことを伝え、日時の確認をしてから行きましょう。

取引先の方が入院されたら、先方に会社に容態、入院先を確認して、ご迷惑のかからないタイミングを見計らってお見舞いに行きましょう。見舞いに行くのは、その方と同格若しくは上格の上司と一緒に伺います。