新社会人の為のビジネスマナー通信のご利用方法

「お客様を訪問するのだけれど・・・」「書類の作成を任されたのだけど・・・」など、ビジネスでは様々なシーンに出会います。ビジネスにおいては、まずビジネスマナーの基本を身につけることによって、そのような場面を無事クリアしていく事ができるのです。「新社会人の為のビジネスマナー通信」で、基礎を学んで社会人としての準備をしては如何でしょう?

尊敬語、謙譲語、丁寧語

尊敬語:相手に係わる事や相手の行動を敬って表す言葉。動詞に「れる」「られる」をつけて尊敬語にしたり「お又はご・・・・・になる」「お又はご・・・・・くださる」と表現したり、「召し上がる」などの尊敬表現を使います。


謙譲語:自分に係わることや行動をへりくだって(低くして)表現して相手への敬意を表す言葉。「お願い申し上げる」のように「お又はご・・・・・致す」「お又はご・・・・・申し上げる」という形で普通の動詞を謙譲語にしたり「うかがう」などの特別な謙譲表現をつかいます。


丁寧語:相手に敬意を表すために話し振りを丁寧にする言葉。「・・・ます」「・・・ございます」「ご」をつけたり文末を「・・・です」「・・・ます」「・・・ございます」をつけて使います。