新社会人の為のビジネスマナー通信のご利用方法

「お客様を訪問するのだけれど・・・」「書類の作成を任されたのだけど・・・」など、ビジネスでは様々なシーンに出会います。ビジネスにおいては、まずビジネスマナーの基本を身につけることによって、そのような場面を無事クリアしていく事ができるのです。「新社会人の為のビジネスマナー通信」で、基礎を学んで社会人としての準備をしては如何でしょう?

訪問先からの退社

仕事の話が順調に進んで、その後時間的な余裕があれば、相手の様子を見ながら多少の雑談をする事も良いが、ゆっくりと話をする雰囲気で無い場合や、約束したタイムリミットが迫っている場合は、新たな話題を振らずに切り上げるようにする。通常は訪問した側が、「では、そろそろ」といった言葉で切り上げる。


(ワンポイント):切り上げのサイン:雑談の切れ目で一呼吸置く。「それでは、この件は後日連絡致します」等のセリフ。資料を片付け始める。相手のサインを見逃さず、スマートに切り上げるように。