新社会人の為のビジネスマナー通信のご利用方法

「お客様を訪問するのだけれど・・・」「書類の作成を任されたのだけど・・・」など、ビジネスでは様々なシーンに出会います。ビジネスにおいては、まずビジネスマナーの基本を身につけることによって、そのような場面を無事クリアしていく事ができるのです。「新社会人の為のビジネスマナー通信」で、基礎を学んで社会人としての準備をしては如何でしょう?

お客様へのもてなし

待ち時間が長い時は、先にお茶を出して間を持たせることもありますが、一般的には主客が揃って担当者の挨拶がひと通りすんだ頃合いが良いです。

(飲み物の置き方):コーヒーカップの取っ手はどちら向きでも構わないが、統一して置く。冷たい物はコースターを使って置く。

(自分が訪問者の場合):お茶をだされたら、軽く会釈をするか、「恐れ入ります」と出して頂いた方への敬意をお忘れなく。(そんな仕草も見ている人は見てますよ)出されたお茶は勧められるまで口をつけないのが原則です。「どうぞ」と勧められたら「いただきます」「頂戴します」とひとこと言って飲みましょう。