新社会人の為のビジネスマナー通信のご利用方法

「お客様を訪問するのだけれど・・・」「書類の作成を任されたのだけど・・・」など、ビジネスでは様々なシーンに出会います。ビジネスにおいては、まずビジネスマナーの基本を身につけることによって、そのような場面を無事クリアしていく事ができるのです。「新社会人の為のビジネスマナー通信」で、基礎を学んで社会人としての準備をしては如何でしょう?

社外への書類を送る

企業間でやりとりする社外文書を郵送するときは、書類送付の案内を記した「送付書」を入れるようにします。
送付書には、あいさつ文のほかに同封書類名を箇条書きにしておくと、先方でも必要書類がすべて届いたか確認できます。

こちらの都合で返送を必要とするときは、返信用封筒を同封します。封筒にはあらかじめこちらの住所、宛て名を書き込み、切手を貼って同封する心づかいが必要です。

はがきや封筒の表書きや裏書きは、楷書でていねいに書きます。住所は1~3行におさめて書きます。
受取人名は中央に、住所より若干大きめの字で書きます。宛て名につける敬称は、会社や部署宛ては「御中」、役職名は「殿」、個人名は「様」、大勢の人に宛てた場合は「各位」となります。