新社会人の為のビジネスマナー通信のご利用方法

「お客様を訪問するのだけれど・・・」「書類の作成を任されたのだけど・・・」など、ビジネスでは様々なシーンに出会います。ビジネスにおいては、まずビジネスマナーの基本を身につけることによって、そのような場面を無事クリアしていく事ができるのです。「新社会人の為のビジネスマナー通信」で、基礎を学んで社会人としての準備をしては如何でしょう?

ビジネス文書を書く時の注意点

1.文章の目的・テーマを明確に意識をしながら書く事が大切です。
2.一文書にいくつもの用件を書かない。督促の内容の文書に、お祝いの文を入れるなど同じ文書に併記する事は失礼にあたります。
3.6W1Hは文書構成の基本となります。(When-いつ Where-どこで Who-だれが Whom-だれに Why-なぜ What-なにを How-どのように)但しビジネス文書の種類によっては、全ての要素を必要としないものもあります。
4.センテンスは短めに。簡潔に明快に書いて、相手に理解し易い文書を心がける。
5.読点を適度に使って、読みやすくする。
6.必要に応じて、箇条書きを活用して理解を助ける。